カードローンの在籍確認について

ナスが電話している

カードローンの申込みはネットから24時間いつでもできて便利なのですが、審査の際の在籍確認が心配という方も多いと思います。在籍確認はカードローンの申込みをした人が確かに申告した勤務先で働いているということを確認するためのもので、カードローンの審査では必ず行われています。専業主婦の場合は勤務先がありませんので、カードローンに申し込んでも在籍確認もありませんが、本人確認のため、連絡先として申告した電話番号に電話がかかってきます。専業主婦がカードローンに申し込んで配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかかってくるということはないので安心してくださいね。

 

カードローンの在籍確認は、仮審査の後に行われます。電話は、社名出さず個人名でかかってきます。ですから、自分がその場にいなくて他のスタッフが電話に出た場合でも、カードローンの在籍確認ということはわかりません。専業主婦の方がカードローンに申し込んで、連絡先を自宅にしていれば自宅に電話がかかってきますが、この時も個人名でかけてきますので、家族が電話に出たとしても消費者金融や銀行のカードローンの在籍確認だとは分かりません。在籍確認はプライバシーに十分配慮して行われるのであまり心配はいりませんよ。ただ、在籍確認が取れないと審査が進まないので、確実に取れるようにしておきましょう。派遣で働いている人などは、自分がそこで働いていることを職場の人が認識していないという場合もあるので、在籍確認があることを前もって職場の人に伝えておくとか、カードローンの申込みの時に、申し込み先に相談するなどしてください。専業主婦の方が自宅を連絡先にしていて、金融機関が何回かけても留守電になっていたりするとカードローンの審査が滞ってしまうので気を付けてくださいね。