消費者金融と総量規制

札束

お金を借りるときには借入先として銀行や信用金庫、消費者金融を考える方が多いと思います。この中で消費者金融のカードローンは審査が早くて即日融資も可能なので利用している方も多いのではないでしょうか?ただ、消費者金融の場合は銀行カードローンに比べると審査が緩い分金利が高いというデメリットがあります。また、消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象になっているので借りられる金額にも制限があります。

 

総量規制は貸金業法の中で定められている規制で、貸金業者はカードローンなどを申し込んだ人に、その人の年収の3分の1以下の金額しか貸してはいけないというルールです。ですから、自分に収入がない人は消費者金融のカードローンは利用できないわけですが、総量規制には例外があるのでこの例外が適用されれば、自分に収入がない専業主婦でもカードローンの申込みをすることができます。総量規制によると、配偶者と合わせた年収の3分の1までの金額なら例外として借り入れができるようになっています。ですから、自分に全く収入がない専業主婦でも配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができることになります。ただし、専業主婦がカードローンの契約をする場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。ですから、専業主婦はご主人に内緒で借り入れをすることはできないんですね。内緒で借りたい場合は、銀行のカードローンを申し込むことになりますね。銀行のカードローンには総量規制は適用されないので、専業主婦が申し込む場合でも本院確認書類だけで大丈夫です。

 

総量規制が施行されてから多重債務の人は確かに減ったようですが、どこからも借り入れができなくなった人が闇金を利用してしまうということも後を絶たないようです。専業主婦が消費者金融に借り入れの相談をして、「配偶者の同意書等の書類はいらない」といわれるとしたら、違法な闇金ですので絶対にお金を借りないようにしてくださいね。