専業主婦も申し込めるレディースローン

okサインのうさぎ

カードローンを申し込む前には申し込み条件というのを確認しますね。申し込み条件には、どんな人がそのカードローンに申し込めるかが明記してあります。たいていのカードローンは安定継続した収入がある20歳以上の人となっています。そうなると、自分に収入がない専業主婦は、申し込みができないことになりますが、銀行などのカードローンの場合、本人に収入がない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込めることになっているところもあります。また、消費者金融のレディースローンのカードローンも専業主婦も申し込みができます。

 

消費者金融のレディースローンは、女性専用のカードローンで、スタッフはほとんどあるいはすべて女性で、女性がカードローンの相談や申し込みがしやすくなっています。レディースローンの金利は大手消費者金融の金利とあまり変わらず、最高金利は年率18.0%程度ですが、中には年率20%というカードローンもあります。審査が緩いところは金利が高くなっていますね。自分に収入がない専業主婦の場合は高い方の金利が適用される可能性が高いですね。

 

専業主婦が消費者金融のレディースローンに申し込む場合は、銀行のカードローンと比べると提出書類が少し多くなります。配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類、それから借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもあります。銀行のカードローンなら本人確認書類だけで契約ができますが審査が厳しめですね。それで、銀行のカードローンの審査は自信がないという専業主婦の方は、ご主人に相談のうえ、消費者金融のレディースローンを検討してみてください。